「パーソナリティ障害」が傾聴で悪化することも!「いい方向へ変えよう」と働きかけるのはNG

 発明王トーマス・エジソンマイクロソフトの創設者であるビル・ゲイツなどは発達障害のプラスの面が働いて独創性を発揮し、活躍に結びついたのだと、『アスペルガー症候群』(著/岡田尊司幻冬舎)には書かれている。彼らを尊重しながら根気強くバックアップしたのは、彼らの親だったのだ。

 一方、大人になってから社会的に適応できないようにマイナスに働くのは、「誤学習」が入り込むことだと『発達障害のいま』(著/杉山登志郎講談社)で指摘されている。


 例えば、ボランティアでパソコン教室を開くことになったとする。パソコンの知識はそこそこで、教室経営の経験もなければ、多くの人はリーダーに立候補しない。
 しかし、人付き合いのノウハウ本に「周囲に評価されるには、リーダーになることです」と書かれているのを発達障害(『発達障害のいま』では「発達凸凹」と表現)の人が信じ込むと、自分には無理な仕事でも手を挙げてしまうのである。知識も経験もないのにうまくいくわけもなく、トラブルに発展する。
 
 最悪の形態の一つがクレーマーになることだと、杉山医師は述べている。常識的には無理なことでも一方的にまくしたてられたら、言われた側はつい要求をのんでしまう。これが、「一方的な要求こそが相手に通じる手段である」という誤学習の機会を与えるのだそうだ。

 誤学習は、発達障害だけでなく誰にでも起こるものではないだろうか。そして関心や注目を異常なほど集めようとしたり、攻撃的でさげすむような態度を取ったり、「パーソナリティ障害」の特徴である非常に偏った言動を取るようになるのだ。

 パーソナリティ障害の可能性がある人への対応でキーワードになるのは、誤学習の修正である。 


「なんとかして変えよう」と働きかけないほうがよい

 発達障害の傾向があるからといって、パーソナリティ障害が引き起こされるとは限らない。家庭、学校、その他人間同士の関わり合いで、誰でもパーソナリティ障害になる可能性はある。パーソナリティ障害を招き、悪化させる原因の一つが、誤学習と考えられる。

 解決の糸口は、誤学習に本人が気づくこと。目の前の問題を直視して、自分で「回復しよう」という気持ちを持つことだと、筆者が読んだパーソナリティ障害に関するすべての本で書かれていた。

パーソナリティ障害の人に対して、「なんとかして相手をいい方向へ変えることができないだろうか」と周囲の人間が考えるケースが多々ある。行動は逸脱しているものの、精神状態はしっかりしていて、言葉は通じるので(ただし、文章・会話の内容が通じ合うわけではない)、周囲の人間は「なんとかできるのではないか」とつい思ってしまうのだ。
 そして、常識から外れた行動をやめさせて、周囲との摩擦を生まない行動・思考をするように期待したり、強制しようとしたりする。

 このような「相手を変えよう」という思いを抱けば、状況を悪化させる。相手を変えようすることは、つまり相手を否定して、自分が正しいと思っている価値観を押しつけるからだ。よかれと思って相手を変えようとすればするほど、反発によってさまざまな争いが発生し、結果的に精神的な消耗を互いに味わうことになる。


できること・できないことを明確に示す

 それでは、冒頭で紹介したトーマス・エジソンビル・ゲイツの親のように、パーソナリティ障害の人を献身的に支えられるかというと、友人や仕事仲間ではなかなか難しいのではないだろうか。少なくとも私には私の生活がある。とても無理だ。

 最低限できることとしたら、これ以上、誤学習の機会を与えないことである。例えば、常識的には無理なことを一方的にまくしたてる相手には、自分ができることとできないことをはっきりと示す。また、攻撃的でさげすむような言動には反応しない。
 私がイメージするのは、人気医療ドラマシリーズの主人公であるフリーランス女医の「いたしません」という、首尾一貫した態度だ。

f:id:shouchishuppan:20180824100655j:plain

 パーソナリティ障害の人は、要求が1つ受け入れられると、次はさらに上回る要求を突きつける傾向がある。このように要求をどんどんエスカレートさせていき、要求が受け入れられなければ「私のことなんてどうでもいいんでしょ!!」などと非難する。
 このようにパーソナリティ障害の人が要求をエスカレートさせると、本人は自分自身をコントロールができなくなっていくため、非常に苦しい状況に落ち込んでいるのだ。

 周囲の人間ができること・できないことを示すのは、「一方的な要求こそが相手に通じる手段である」という誤学習を治すことになる。さらに、自分自身をコントロールできないほど要求がエスカレートすることを防ぐので、長い目で見ればパーソナリティ障害の人を苦しめないことにつながる。

 パーソナリティ障害に関する本を読んで感じたのは、専門知識がなければ診断も治療も非常に難しいということだ。標準的な精神分析やカウンセリングが、症状を悪化させるケースがある。本人の話に耳を傾けて、子ども時代など過去の領域に踏み込むと、以前に経験したネガティブな感情が噴出し、極めて不安定な状態になると岡田医師は著書『境界性パーソナリティ障害』(幻冬舎)に書いていた。臨床家たちは「パンドラの箱を開けた」と表現するそうだ。

 素人が「この人をなんとかいい方向へ変えよう」と働きかけるのは逆効果。治療は専門家に任せて、私たちの周囲にパーソナリティ障害の特徴に当てはまる人がいれば、その要求に振り回されないように十分な距離を取って、自分のやるべき仕事などに集中したほうがいいのだろう。
 そして本人の気づきと回復を待ちたい。