「同じ母親同士だから」という油断は禁物!あなたのすぐそばにもサイコパスがいるかも

「まさか、自分の子どもが通う学校のPTAにサイコパスがいるなんて!」
「子どもの幸せを願わない母親なんて、いるはずがない!」

そんな思い込みにとらわれていると、PTAや母親同士の付き合いで疲弊してしまう可能性があります。

母親にもサイコパスはいます。

f:id:shouchishuppan:20180922115249j:plain


端的な例が、『モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)に紹介されていました。

高校生の少年を自殺に追い込んだのは、実は母親だったというノンフィクション。
この母親は執拗に学校関係者を責め立て、マスコミや教育評論家を巻き込んで、大きなニュースへと発展していきます。
平気でうそをつくこの母親は、サイコパスの特徴と見事に合致しています。
詳細は本書を読んでもらうとして、「まさか実の母親が……」という思い込みがいかに危険であるかということだけお知らせしたいと思います。

では、サイコパスにはどのような特徴があるのでしょうか。
『診断名サイコパス ー 身近にひそむ異常人格者たち』( ロバート・D・ヘア 早川書房)には、サイコパスを見分けるためのチェックリストが掲載されています。

◇精神病質チェックリストの概要

<感情/対人関係>
● 口達者で皮相的
● 自己中心的で傲慢
● 良心の呵責、罪悪感の欠如
● 共感能力の欠如
● ずるく、ごまかしがうまい
● 浅い感情
<社会的異常性>
● 衝動的
● 行動をコントロールすることが苦手
● 興奮がないとやっていけない
● 責任感の欠如
● 幼いころの問題行動
● 成人してからの反社会的行動

上記の項目は、過去のブログの冒頭部分とも共通しています。

shouchishuppan.hatenablog.com

 

PTAにおいて、サイコパスは以下の行動を取ると推測できます。

□やたらと大声で発言をして、「長」のつく係に就きたがる。その割に、活動内容をよくわかっていない。
□PTAがボランティアだという前提を無視して、「長」のつく係という理由だけで、周囲の人間に指示や要求を行う。それが、どんどんエスカレートする。
□その指示や要求の目的は、周囲の人間には今ひとつわからない。しかし質問すると逆ギレするので、周囲は口をつぐむしかない。

こうした人物はいませんか。
さらに、平気でうそをつくし、自分でも何を言っているのかわからないままにペラペラとしゃべり続けます。

---
同じ人間の口から、嘘だけでなく、いくつか矛盾した発言が発せられている。聞き手がとまどってあたりまえだ。まるで、サイコパスはときに自分がなにを言っているのかわからなくなり、たがいにつながらない言葉や考えが入り組んできてもいっこうにかまわないかのようだ。
---『診断名サイコパス ー 身近にひそむ異常人格者たち』

サイコパスにはこれといった目的はなく、周囲の人間をただコントロールしたい欲求だけが強いようです。
どうしたら周囲をコントロールできるのかに敏感で、学習するので、サイコパスは相手の目を熱っぽく見つめたり、身体的な距離を縮めたり、芝居がかった動きをしたりするとのこと。

---
心理的な面でもし相手に弱点がいくつかあれば、サイコパスはかならずそれを見つけだして利用し、相手を傷つけて当惑させたまま放り出していく。
---『診断名サイコパス ー 身近にひそむ異常人格者たち』

子育て中の母親というものは、悩みが尽きないものです。
そのような悩みや困っていることをサイコパスは嗅ぎ出して、フレンドリーに急接近してきます。
「私と一緒」
「私だったら力になれる」

しかし、サイコパスは他人をコントロールしたいだけ。傷つける言葉や共感するような言葉を投げかけてきて(アメとムチ)、右往左往する姿が見たいようですね、サイコパス自身に自覚があるかどうかは別として。

ところで、映画やドラマでは、残忍だがとても頭が切れるという人物設定でサイコパスが描かれています。
これは事実と異なり、通常の人間と同様、高い知能を持つ天才もいれば低い知能もいるのだそうです。

www.excite.co.jp



知能の低いサイコパスは、おそらく、会社では出世できないでしょう。というより、うそをつくから解雇されるケースもあるかもしれません(実際に、私の身近に勤務態度の悪さとうそつきで解雇された人間がいました)。
その結果、劣等感をくすぶらせ、PTAなどのボランティアの場で「長」になろうとしたり、しつこくクレームをつけたりすると考えられます。

では、偶然、PTAでサイコパスと一緒の委員会になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

基本的には、たっぷりと距離をおいて、紋切り型の対応をすること。
話し合いは平行線で終わることを念頭に置いたほうがいいでしょう。
「子どものためを思って、ここは穏便に」とサイコパスの要求をのんでいると、次第に心が病んで、逆に子どものためにならないかもしれません。

---
サイコパスはいかなる人間同士の交流も、"餌をまく"チャンス、競い合い、あるいは相手の意志を試す機会として見る傾向があり、そこにはひとりの勝者しかいない。彼らの動機は人を操作し、奪うことなのだ。
---『診断名サイコパス ー 身近にひそむ異常人格者たち』

PTAはサイコパスにとって絶好の餌場。
以下の言動を取る人は、サイコパスの可能性があるので「同じ母親同士だから」という油断は禁物です。

●頻出ワード
「あなたと私は似ている」
「あなたの気持ちがよくわかる」
「私はあなたのためにやってあげた」
悪いことをやった後で「誰にも言わないでほしい」
「そんなことは言っていない」

●言動
オーバーな言動をする
支配欲が強く、上下関係を作ろうとする
権威や所属感を重視する(孤独感が強い)
常習的に、ありえないようなうそをつく(経歴詐称)
協調性や忍耐が求められるチームワークが苦手
うそ・不正が暴かれても恥じることはない(恥や罪の意識が欠落)
すぐに「自分こそ被害者」「不当な扱いを受けている」といった態度を取る